かち創造科カリキュラム

自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、2年間にわたり、生活能力の維持・向上のための支援・訓練その他の便宜を適切にかつ効率的におこなう障害者総合支援法における事業です。

障害者総合支援法を使った厚生労働省が認める新しい学校形式の事業所です。

かち創造科:1~2年

※就労移行支援事業

 

 

・対象となる人

かち創造科は、専攻科を修了し、仕事につながる作業的な学習や、ものを創る学習を通じて、色々な価値、自分で創り出す価値について学ぶための専攻科上級課程です。

 

 

・どんな学校か?

「働く価値を学び」そして「働く意欲」へ

★創る喜びを知る

ものを創り出す、生産するということが、経済生活の原点と考えます。

自分の手で、どこまで新しいものを創り出すことができるか、売れるような価値のあるものを創り出せるか等の視点に移行錯誤や失敗等の過程を大切にし、自分の手や体で操作できる力を研ぎ澄ませていく。

★働く価値を学ぶ

販売や売買、経済活動について学び、働くことに価値がある事を学ぶ。

周りの人と共同して働くことを学ぶ。

職場実習の機会を設けていく。

 

 

・大切にしていること

保護者さんとの結びつきを大切にしていします。

日常生活の悩みや、家庭での問題にも一緒になって解決に努力します。

ご協力を得て、つながり祭やこっから祭などの行事に参加していただいています。

 

 

・主な授業内容

★3回生

「創作」では、陶芸、木工、電工などに取り組み販売できる商品を生産しています。

「生活・経済活動」では、金銭管理、そうじ、洗車などに取り組みます。

「特別授業」では、性教育、福祉制度、職場見学・体験等を学びます。

★4回生

職場実習を繰り返し行い、就職につなぎます。

 

 

・一週間のプログラム

※クリックすると大きくなります↓

 

 

・進路をひらく

生きる価値を見いだす。

友だちとの付き合いや芸術、音楽を楽しむことを大切にする。

労働対価を手に入れたり社会保障を受けたりして、自分らしく生きる事を学ぶ。

自己選択、自己決定を大切にし、社会と協調しながら生きていく価値を見いだせるようになる。

 

 

・保護者さんからの声

★先月は、居酒屋デビュー&クラシック音楽ありがとうございました。

とても良い思い出と経験ができました。

色々な気遣いありがとうございます。

 

★急な変更などをかなり受け入れられるようになりました。

数年前には、とても大変だったのに大人になってくれたなぁ(笑)

 

★夕食の準備をし始めたら「味噌汁作りたいなぁ」と言い出したので、作ってもらいました。

つなぎの作り方とは少し違うかもしれませんが、作ることに慣れるを目指して!